中古ドメインを取得しよう!

中古ドメイン(オールドドメイン)とは一度利用されたことのあるドメインです。わかりやすく言えば古着みたいなものですね。中古って言われると古くてあまり良くないイメージを持つ方もいると思いますが、中古ドメインを侮るなかれ、知らないと損をしますよ。

中古ドメインで気をつけたい絶対パスと業者について

中古ドメインではバックリンクが重要だとして利用する方が急増していますが、ただ単にバックリンクが多いだけではサイトの価値を上げてくれないケースも多くなっているので要注意です。そもそもバックリンクには2種類あり、1つはサイトやブログなどで相互リンクや文中のリンクとして形成されている場合、もう1つはSNSでの紹介リンクです。どちらも検索サイトから高評価を受けやすいバックリンクなのですが、中古ドメインの場合は業者を使ってリンクを作った可能性が高くなるので注意したいのです。バックリンクは大量に短時間で作り上げる業者が多数あります。そのような業者はさまざまなツールを利用してサイトからブログまでリンクを作り上げるのですが、検索サイト側でチェックされてしまっているケースも多く、バックリンクがあっても評価が低いケースも多数あります。中古ドメインをバックリンクで選ぶ場合はリンク先をチェックして意味のあるリンクになっているか確認したいところです。無意味なバックリンクがいくらあっても価値はないのでリンク先が機械的なサイトでないことを確かめておきたいところです。また、SNSなどのリンクについて注意点があります。それは絶対パスになっていないかどうかです。サイトでもブログでもリンクを張ってもらう際に記事を絶対パスで設定されてしまうと新しいサイトで利用した際にページが存在しないために意味がなくなってしまうケースが増えています。パスについては相対パスで作成されているサイトが多いのですが、CMSによっては絶対パスでリンクが作成される場合も多く、後から利用する際にネックとなりやすいのです。リンクは必ずチェックして利用しやすいかを確認したいものです。