中古ドメインを取得しよう!

中古ドメイン(オールドドメイン)とは一度利用されたことのあるドメインです。わかりやすく言えば古着みたいなものですね。中古って言われると古くてあまり良くないイメージを持つ方もいると思いますが、中古ドメインを侮るなかれ、知らないと損をしますよ。

中古ドメインには実績があるが、使える記号が限られる

ドメインはサイトの住所のような役割を持っており、重複するものは存在しません。定期的に更新をする必要があり、更新されなかったドメインは中古ドメインとして、業者が回収して販売しています。中古ドメインでは使える記号が限られるというデメリットがありますが、実績を引き継いで新しいサイトの運営を有利にすることができるので、人気があり、取引が活発に行われています。
中古ドメインが引き継ぐのはドメインエイジ、他サイトからの被リンク、検索エンジンの評価などがあります。これらは検索エンジンがサイトを評価するときに高評価を付けるための要素で、早い段階から検索時上位に表示されるようになります。アフィリエイトや商業用サイトなど多くの人の目に触れることが必要なサイトにとってはとても大切で、有利になる要素です。
中古ドメインの利用には注意する点があります。新規取得したドメインよりも削除される可能性が高いことです。特にペナルティを受けているドメインは検索時に表示されることがなくなるため、サイトとして機能しなくなってしまいます。中古ドメインを販売しているサイトではあらかじめペナルティを受けているドメインは排除しているところが多いですが、中にはそのまま販売していているサイトもあります。サイト内の注意書きをよく読んで、ペナルティ付きのドメインをつかまされないようにするように注意しましょう。適切に運営をすれば多くの人が訪れる活発なサイトを運営することができます。中古であるために使える記号が限られてしまうという欠点がありますが、もたらされるメリットの方が大きく上回るため、さほど問題とはなりません。中古ドメインは不正なサイトとして判断される可能性が高くなるので注意しましょう。