中古ドメインを取得しよう!

中古ドメイン(オールドドメイン)とは一度利用されたことのあるドメインです。わかりやすく言えば古着みたいなものですね。中古って言われると古くてあまり良くないイメージを持つ方もいると思いますが、中古ドメインを侮るなかれ、知らないと損をしますよ。

中古ドメインの言語と文字数に注意

アフィリエイトや商業目的のサイトを運営するときに、新規ドメインを取得した時よりも中古ドメインを購入したほうが有利に働くことがあります。ドメインとはインターネットの中で住所の役割を持ち、世界に一つしかありません。しかしサイトを運営していた人がサイトを削除せずに放置していることが多くあります。そうして放置されていたドメインが中古ドメインです。中古ドメインにはそのドメインがいつから使われていたかというのを示すドメインエイジと、他サイトからのリンクが引き継がれています。これらは検索エンジンのソフトから高い信頼を受けるための要素で、信頼が高いと検索された時に上位に表示されるようになります。アフィリエイトや商業用のサイトはとにかく目立つことが必要になってくるため、上位に表示されることはとても重要になってきます。
中古ドメインを利用していると、急に検索結果から消えてしまうということがあります。それはサイトの信頼度が下がってしまっているからです。中古ドメインは過去に使われていた情報を使っているので、古い情報と判断されて下位に落ちてしまったり、不正な利用をしていると判断されるとサイトが削除されてしまうこともあります。新規ドメインでは適切な利用をしていれば起こりえないことが、中古ドメインでは起こることがあります。その時のリスクは十分に理解して利用するようにしましょう。
中古ドメインを利用する際には言語や文字数に注意する必要があります。また、検索エンジンを運営する会社からペナルティや警告を受けたドメインを買ってしまうと、サイトを運営することができません。中古ドメインを購入する際には信頼できるサイトから購入しましょう。